RT Picks
  • STAGE
    秀島実は、容器、入れ物としての自己と、異化効果としての他者という相反する極みを、なんなく両立してみせる。前作『小父さんの直覚』において、大野一雄のラ・アルヘンティーナを明らかに宿した舞踏は、しか......続きを読む
    By ふかさわ・めぐみ November 25, 2014
Column/ Articles