Event Card

古川日出男さんリーディング&トークショー

RT Picks

『アラビアの夜の種族』『LOVE』などで知られる古川日出男氏は、執筆活動の傍ら「朗読ギグ」と呼ばれる音読イベントを行っています。今回その舞台となるのは、かつて彼が通った早稲田大学。がっぷり四つで言葉と格闘するパフォーマンスには定評がありますが「大学の教室」という一種独特の空間で、ギグがどんな変化を見せるのか…とても楽しみです。さらに第二部として、雑誌『早稲田文学』の主幹であり前田塁名義で評論活動も行う市川真人氏との対談が! 文学の現場を担うおふたりによるトークの行方にも注目したいところです。

By 富山由紀子 June 29, 2009

イベント概要
撮影:カキモトジュンコ

古川さんは『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞+日本SF大賞をダブル受賞。『ベルカ、吠えないのか?』で直木賞候補、『LOVE』で三島由紀夫賞受賞をされています。近年では超大作『聖家族』が話題となりました。

舞台演出家もされていた古川さんは朗読ギグに力を入れておられ、今年に入って朗読CDも発表されています。

その古川さんをお招きし、30分のリーディングの後に対談を行います。対談相手は市川真人さん。早稲田大学講師であり、評論集『小説の設計図』執筆(前田塁として)、『早稲田文学』編集者としても八面六臂の活躍をされています。

このお二人が対談するテーマは「なにが小説を呪縛するのか」(司会は早稲田大学教員の小沼純一先生です)。お楽しみに!

早稲田大学文学部戸山キャンパス
日程終了
36号館382(AV2)教室
エリア その他23区内
住所 東京都新宿区戸山1-24-1 [ 地図を表示
会場ホームページ http://www.waseda.jp/jp/campus/toyama.html
日程 2009年7月4日
時間 14:15開場 14:45開演 16:15終了
料金 無料 一般聴講歓迎

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする