Event Card

冨士山アネットproduce:EKKKYO-!

イベント概要 ユーザー投稿イベント

今回冨士山アネットは東京芸術劇場の提携による初代ラインナップ“芸劇eyes”として年始の池袋を鮮やかに彩ります!
演劇、ダンス、音楽等、ひとつの枠に留まらないジャンルを[越境]した団体がそれぞれ20分前後のショートピースを発表!
今、観るべき団体を、集結して届けます!


冨士山アネットproduce[EKKKYO−!]
2010年01月14日(木)-17日(日) at東京芸術劇場 小ホール1
企画・構成/長谷川寧


★出演者・出演団体紹介★

まずは 今年10月、ラップを用いたハイブリッドな作品[わが星]にて話題になった柴幸男氏率いるままごと。
今回は、こまばアゴラ劇場、シアタートラム等でも上演され話題となった[あゆみ]を特別にEKKKYO−!Remixとしてお届けします!ご期待ください!!
また、前回も劇団山縣家にて自身の家族との出演を果たし話題になったチェルフィッチュの看板俳優山縣太一氏が、今回は音楽家の大谷能生氏と組み、ライン京急というユニットで参加します。
吾妻橋ダンスクロッシングやスーパーデラックスでの自主企画等精力的に活動しているライン京急、身体と音楽を掛合わせたとその独特なセンスは見逃せません。

そしてCASTAYA Project。
これはEnric Castaya氏によるプロジェクトにて、演出家・出演者共に事前非公表の謎のユニットです。
以前の公演では、日本での出演経験の無い韓国人俳優を起用したり、全ステージ別演目を上演したり、観客が全員帰るまで3時間以上上演を続ける等、演劇自体を作品に取り込んだ作品を制作しています。

女性によるダンスユニットモモンガ・コンプレックス。
近年白神ももこ氏は、アゴラでの企画、キレなかった14歳リターンズに参加する等、演劇とダンスをクロスオーバーした活動を行っている味わい深きユニットです。

岡崎藝術座。劇的で硬質な身体と日常的なゆるい身体の状態を無理やりつなげる手法が特長。早朝公演を行う等、近年その活動はますます多岐に渡ります。

冨士山アネット。近年は戯曲から身体を立ち上げるといった、ダンス的演劇(テアタータンツ)にて、独自のジャンルから作品を制作。国内は元より、シンガポールへの招聘公演等、海外での活動も盛ん。

これら全てが一度に観る事の出来る、一大イベントです。

お問い合せ

冨士山家
TEL: 080-5496-7555

東京芸術劇場 シアターイースト
日程終了
エリア 池袋
住所 東京都豊島区西池袋1-8-1 [ 地図を表示
アクセス 「池袋駅」西口より徒歩2分
電話番号 03-5391-2111
会場ホームページ http://www.geigeki.jp/
日程 2010年1月14日~2010年1月17日
※このイベント概要はMyPageユーザーが投稿しています。

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする