Event Card

“喉歌” の源流へ ~南シベリアのホーメイとカイ〜

RT Picks

ロシア連邦の中、雄大な自然の南シベリアにある隣り合う2つの国、アルタイ共和国とトゥバ共和国。それぞれの国を代表するアーティスト達が来日して、各地でライブ中だ。アルタイからはカイと呼ばれる喉歌の国民栄誉歌手であるボロット・バイルシェフら2人、そして、トゥバからは2013年の世界ホーメイコンテスト優勝者のモングンオール・オンダールら4人だが、彼等が一堂に会するというたいへん貴重な公演が都内、高円寺の素敵な空間で開催される。それが「“喉歌”の源流(喉歌のふるさと)」で、喉歌の世界的なスーパースター達によるまさに夢の競演というべき一夜である。ナビゲーターを務めるのは、彼等との交流も長く、日本の喉歌の第一人者である巻上公一(ヒカシュー)。特に、まだ喉歌をよくご存知ない方は、この機会にライブに接して、その唯一無二の超人的なパフォーマンスを体感されたい。なお、トゥバの面々は本公演後もしばらく各地でライブを行うので、そちらもぜひ!

By PPQ September 6, 2013

イベント概要

巻上公一
「喉歌のふるさと」コンサートを語る

アルタイ共和国のカイ、トゥバ共和国のホーメイという、シベリアの喉歌における二大潮流が一堂に会するコンサートが、今年9月に東京と大阪で開催される。両共和国の歌手が同じステージに立つのは本邦初のこと。あわせて、その前後にもアルタイ、トゥバの歌手によるツアーがそれぞれ実施される。

ツアーのきっかけ
今回の企画は、もともとぼくがアルタイとトゥバの喉歌歌手を一緒に日本に呼びたいと思っていて、そこから始まっているんです。そのアイデアに、いろいろと賛同してくれた人たちがいて、おかげで何とか実現できました。

双方の歌手がそろって出演するのは東京(高円寺)と大阪ですが、その前後にも各地で演奏します。前半がアルタイ、後半ではトゥバの歌手がそれぞれ出演しますが、こちらの方もいろいろと趣向を考えてありますので、ぜひ期待してほしいですね。

アルタイを代表する歌手ふたり
アルタイ共和国からやってくるのは、ボロット・バイルシェフとタンダライで、二人とも本国ではまさしくスーパースターといえる歌手です。この人たちが共演するというのは、アルタイでも滅多にないことなんですよ。このうちタンダライは初めての来日になります。

ボロット・バイルシェフは、ぼくと佐藤正治との3人でアヤ(AR)というグループをやっているんですが、コンサートはそのアヤのライブにタンダライが加わるという形になるかと思います。

タンダライは女性の歌手で、これはトゥバでも同じなんですが、女性の喉歌歌手っていうのは本当にめずらしいんです。アルタイでもプロの喉歌歌手で女性は2人くらいしかいません。そのひとりがタンダライで、大変に貴重な存在なんです。

もちろん貴重な存在だというだけじゃなくて、タンダライは歌手としての技量にも大変なものがあります。たとえば鳥の鳴き声を出してみたりするんだけど、もう何十種類もできてしまう。その表現がまた実に素晴らしい。5オクターブの声を出すとも言われているんですが、それはつまり、彼女がやる鳥の鳴き声を描写した言葉なんです。それだけ幅広い表現をする歌手だということですね。

トゥバからは本年度のグランプリ受賞者が来日
トゥバからは4人来日します。モングンオール・オンダールと、それからユジュムという3人組のグループです。

モングンオール・オンダールは、今年春にトゥバで開かれた第6回国際ホーメイ・シンポジウムでグランプリを獲得した歌手です。彼は以前、1992年に開かれた第1回シンポジウムでもグランプリを獲っているので、2度目になりますね。その時は16歳くらいだったんですが、それから20年後にまた受賞したわけです。2000年にも来日していますが、その時から比べても、めざましく進歩しています。

ユジュムは歌手のオトクン・ドスタイが率いるグループで、メンバーはたびたび変わるんですが、今回の来日公演にはアヤス・クーラルとアンザット・クーラルが参加します。彼らもとても優れた歌手で、アヤス・クーラルは政府が運営しているトゥバ・アンサンブルのリーダーでもあり、とにかく上手い。アンザット・クーラルは女優でもあるんですが、民謡の歌手としても実績のある人です。

この4人も、そもそも揃って演奏するというのがありえない人たちなんです。たとえトゥバに行っても一緒には聞けません。それくらい特別な組み合わせです。

単独公演では、たとえば横浜のみなとみらい小ホールで実施するコンサートでは、特別なやり方をしようと思っています。というのも、400人くらい入る会場なんですが、音がとてもいいので、PAをなるべく使わないようにしたいんです。できるだけ生音で体験してもらおうということですね。

それから、ホーメイだけじゃなくてトゥバ自体に興味があるという人におすすめなのが、新潟での公演です。これは東京から来る人たちにも参加しやすいように、泊りがけのイベントとして企画したもので、ホーメイに加えて、メンバーとの交流会も実施します。トゥバに行く以外では、おそらく一番トゥバに近い催しになると思います。もちろんぼくもいますので、何か質問があったら遠慮なく聞いてほしいですね。

両共和国の喉歌が一度に聞ける歴史的なコンサート
それで、東京と大阪で全員が集まるわけですけど、アルタイとトゥバの歌手の合同公演じたい日本ではおそらく初めてですし、なにしろこの顔ぶれですから、これは本当にすごいことになるでしょうね。まさしく歴史に残るイベントになりますよ。

アルタイのカイと、トゥバのホーメイを同じ場所で聞けるわけで、その違いもよく分かる。その意味では一種の研究公演でもあるわけですが、とにかく滅多にない機会ですので、ぜひ体験していただきたいと思います。

ゲスト/お目当て: ボロット・バイルシェフ, タンダライ, モングンオール・オンダール, アヤス・クーラル , ドスタイ・オトクン, アンザット・クーラル, 巻上公一
タイトル:「のど歌のふるさと(南シベリアのホーメイとカイ)」
出演:《アルタイ共和国より》
  ボロット・バイルシェフ(カイ、トプシュール、ホムス)
タンダライ(カイ、トップシュール、ホムス)
   《トゥバ共和国より》
  モングンオール・オンダール(ホーメイ、イギル、ドゥシプルール)
  アヤス・クーラル
  ドスタイ・オトクン
  アンザット・クーラル
ナビゲーター 巻上公一

(公式サイトより)

お問い合せ

MAKIGAMI OFFICE TOKYO
TEL: 0465-63-0578

E-mail:

座・高円寺
日程終了
座・高円寺2
エリア その他23区内
住所 東京都杉並区高円寺北2-1-2 [ 地図を表示
アクセス JR中央線/総武線「高円寺駅」北口より徒歩5分
電話番号 03-3223-7500
会場ホームページ http://za-koenji.jp/
日程 2013年9月10日
時間 open 18:30 / start 19:00
料金 前売り4000円、当日4500円、学生2000円
全席自由席

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする