Event Card

SUPER VISION powered by Object of null,inc

TERRY RILEY with EUGENE KANGAWA SPECIAL CONCERT & INSTALLATION IN TOKYO

RT Picks

突然舞い込んだテリー・ライリー来日のニュースに、ぼくは飛び上がって驚き、すぐに事務局をしているproejct of NULLの人に話を聞きに行った。約10年ぶりとなる今回の来日は、NYを拠点に活動し注目を集めている若き映像作家・寒川裕人のSUPERVISIONシリーズ作品に、テリー・ライリーが強く共感したことに端を発し、遂に東京で、夢のようなコラボレーション企画として実現するものだ。テリー・ライリーは、スティーヴ・ライヒ、フィリップ・グラス、ラ・モンテ・ヤングらと共に、60年代から活躍し、音楽史に大きな足跡を残してきた偉大な作曲家のひとりである。今回のパフォーマンスでは、その彼の代表作『inC』、そして最新作『Aleph』などが演奏される予定となっている。東京ベイの巨大倉庫空間で、20世紀が生んだ偉大なる音楽家の一人であるライリー氏の即興演奏が、才能溢れる寒川裕人の映像作品SUPERVISIONシリーズと共に放たれる……世代の大きく異なる二人のクリエイターによるたった2回の贅沢なライブ・パフォーマンス。僕たちは、2014年秋に起きる、この“一大事件”を見届けなければならない! なお、同会場では、11月22日から30日まで、寒川裕人の映像インスタレーション個展が開催されます。2011年以降に発表された福島とプノンペン(カンボジア)を題材にした「from the future」や、軍事に纏わる映像を、webを通して収集し続けるオープンアーカイブ・プロジェクト「After the War」の他、寒川の近作を一挙にご覧いただける貴重な展覧会となる。

By 前田圭蔵 November 8, 2014

イベント概要

現代の音楽界に多大な影響を与えた伝説的音楽家テリー・ライリー、日本人映像作家寒川裕人とのコラボレーションで来日公演決定!

テリー・ライリーをはじめ、フィリップ・グラス、スティーブ・ライヒによって確立された反復の旋律を用いたミニマルミュージック( 現代音楽の主流の一つ) は、今日のダンスミュージックにも多大な影響を与えており、テリー・ライリーは音楽史に功績を残した偉大な人物として知られています。
日本においても久石譲をはじめとした著名音楽家への影響は計り知れません。日本及び海外での公演を控えていたテリー・ライリーにとって、今回の約10 年ぶりの公演は奇跡ともいえ、同時に、氏の最後の来日公演となる可能性もあることから、 国内外から多くの注目を集めることが予想されます。
テリー・ライリーは近年、自身の音楽と映像とのコラボレーションを行っており、2012 年にはD· エイケンとのイベントを実施、今回その次の機会として、日本人若手現代アーティスト / 映像作家である寒川裕人の作品「from the future 」(2011~)、「After the War 」(2011~:共にsupervision シリーズ) とそのプロセスに共感し、共演が実現しました。

今回、巨大倉庫を使用した会場はスタンディング形式。テリー・ライリーと観客の周りを囲むように会場全域に配置された巨大スクリーンに投影される寒川裕人の壮大な映像とともに、テリー・ライリーの音楽史に残る代表作であり、ミニマルミュージックの原点でもある“InC”、“The Harp of New Albion” から2012 年の最新作“Aleph” までを含んだ、グランドピアノ、プリペアドピアノ、そしてシンセサイザーを用いた即興演奏を行います。
現代のアート史、音楽史に新たな1ページを刻むであろう本公演を是非体感下さい。

※上記2012 年のイベントと同じ形式で行なわれたコンサート・ガラパーティーでは、キャメロン・ディアス、トム・ハンクス、ショーン・ペン、ジャック・ニコルソン、アナ・ウィンターなど世界の著名人が数多く来場しました。

(プレスリリースより)

TOLOT/heuristic SHINONOME
日程終了
エリア 臨海地区
住所 江東区東雲2-9-13 2F
アクセス りんかい線東雲駅A出口から徒歩5分
会場ホームページ http://www.heuristic.com/tolot/
日程 2014年11月22日~2014年11月23日
時間 19:00
料金 事前予約 6,000 円/当日 7,500 円

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする