Event Card

芸劇dance

アンヌテレサ・ドゥ・ケースマイケル&ローザス『ドラミング』

RT Picks

ピナ・バウシュ後継の1人ともいわれ、いまも次々と話題作を創作しつづける振付家アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルと、彼女率いるダンスカンパニー「ローザス」。ベルギー・ブリュッセルを拠点に活動を続けているコンテンポラリーダンス界のいわばフロントランナーであるローザスが久しぶりに来日し、作曲家スティーヴ・ライヒの同タイトル曲を全曲そのまま使用し踊るダンス作品『ドラミング』を東京で上演する! 1989年の初来日以来、その特徴ある振付、鋭く、ときにはっとするような美しさを放つローザスの作品は、日本においても、ダンスファンのみならず、多くのクリエイターを魅了し刺激を与えてきた。今回上演される『ドラミング』は、ミニマル音楽の先駆者として名高い作曲家スティーヴ・ライヒの同名傑作を大胆にも全編使用し、既存の音楽とダンスの関係とは大きく異なるアプローチで89年にウィーンで初演され、その後何度となくアンコールに応える形で世界中で上演されてきたローザスの代表作のひとつ。衣装デザインは、ベルギーを代表するファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテン! 片時も目が離せないスピーディーかつシャープな展開……『ドラミング』を見る前と見た後では、ダンスについての見方が一変してしまう。そんな強烈な魅力を備えた本公演をぜひ見届けてほしい。

By 編集部 January 26, 2015

イベント概要
Drumming 1998 © Herman Sorgeloos

世界の コンテンポラリー・ ダンス・シーンをリードし続ける フロントランナー「ローザス」。待望の来日公演!

ベルギー・ブリュッセルを拠点に、30年以上の長きにわたり世界のコンテンポラリー・ダンス界をリードして いるカンパニー「ローザス」が、世界中の熱いラブコールに応え上演を続けてきた代表作のひとつ『ドラミング』 を、ついに東京芸術劇場プレイハウスにて上演します!

ピナ・バウシュ後継の一人とも言われ、世界のダンス・シーンの注目を集め続ける振付家アンヌ・テレサ・ドゥ・ ケースマイケル。その彼女が率いるダンスカンパニー「ローザス」、5 年ぶり待望の来日公演です。
1989年の初来日以来、その特徴ある振付、美しくも鋭敏なダンス、音楽と身体運動の関係を様々な角度から徹底的に分析し構築する創作姿勢などで、日本においても、ダンスファンのみならず、多くの人達を魅了し、また刺激を与え続けている「ローザス」。今回上演される『ドラミング』は、ミニマル音楽の先駆者として名高い作曲家スティーヴ・ライヒの同名傑作を大胆にも全編使用し、既存の音楽とダンスの関係とは大きく異なるアプローチで世界的な評価を獲得したエポック・メイキングな作品です。衣装デザインは、ベルギーを代表するファッション・デザイナーであるドリス・ヴァン・ノッテン!
総勢12 人のダンサーによる、片時も目が離せないスピーディーかつシャープな展開は、見るものをスリリングで機知に富んだ“ローザス・ワールド”に引き入れます。

振付:アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
音楽:スティーヴ・ライヒ<ドラミング>
衣装デザイン:ドリス・ヴァン・ノッテン
出演:ローザス・ダンサーズ

※未就学児入場不可

(劇場のサイトより)

東京芸術劇場 プレイハウス
日程終了
エリア 池袋
住所 東京都豊島区西池袋1-8-1 [ 地図を表示
アクセス 「池袋駅」西口より徒歩2分
電話番号 03-5391-2111
会場ホームページ http://www.geigeki.jp/
日程 2015年4月16日~2015年4月18日
料金 S席 ¥6,000 A席 ¥5,000
65歳以上(S席)¥5,500 25歳以下(A席)¥2,500 高校生割引 ¥1,000
※65歳以上、25歳以下、高校生割引チケットは、東京芸術劇場ボックスオフィスにて前売のみ取扱い。(枚数限定・入場時要証明書)

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする