Event Card

清水靖晃&サキソフォネッツ:ゴルトベルク・ヴァリエーションズ

RT Picks

サキソフォニストで作曲家の清水靖晃にとって、今やライフワークのひとつとなっている作曲家バッハへのアプローチ。「CELLO SUITE(無伴奏チェロ組曲)」から始まった彼の探求は、ここにひとつの頂に立った。大天才バッハの残した"西洋音律/音階の頂点"を大胆に解釈し、分解し、そして再構築する……、5人のサキソフォニストと4人のコントラバス奏者で織りなす「ゴルトベルク変奏曲」がついに完成した。あーぞくぞくする。CDの発売、そしてコンサートが待ちきれない。

By 前田圭蔵 February 28, 2015

イベント概要

変容するバッハ x サキソフォネッツ
x コンサートホールの大空間

日本の音楽シーンに大きな波紋を巻き起こした《CELLO SUITES》から約20年。「バッハ×サックス(筒)×空間の三角関係」を探求し続ける清水靖晃&サキソフォネッツが、《ゴルトベルク変奏曲》で新たな領域に踏み込んだ。4本のコントラバスが全曲を支配するバスラインを顕在化させ、5本のサックスがバッハのポリフォニックなトリックと戯れてみせる……だけではない。清水は原曲に書かれていない対旋律やハーモニーを大幅に加え、《ゴルトベルク》を大胆にリコンポーズ(再構成/再作曲)したのである。「変容するバッハ×サキソフォネッツの名手たち×コンサートホールの大空間」の三角関係が生み出す、黄金のエクスタシーがついにベールを脱ぐ。
前島秀国(サウンド&ヴィジュアル・ライター)

出演:
清水靖晃(t. sax)
江川良子(a, s.sax)、林田祐和(a, s.sax)、鈴木広志(b, t, a.sax)、東涼太(b.sax)
佐々木大輔、倉持敦、中村尚子、宮坂典幸(c.bass)

曲目:
・J.S.バッハ(清水靖晃 編曲):ゴルトベルク変奏曲BWV988(5サキソフォン、4コントラバス版)

清水靖晃プロフィール
総合的な音楽制作者として様々な領域で活動を展開。1983年、「サキソフォネッツ」名義のプロジェクトを開始。85年から91年、パリとロンドンに活動拠点を移し、3枚のアルバムを録音。90年代後半、<バッハ/サキソフォン/スペース>という清水独自のコンセプトの下、J.S. バッハ「無伴奏チェロ組曲」をテナーサキソフォンのために編曲し、演奏、録音するという世界初の試みに着手。97年発表の『バッハ・ボックス』でレコード大賞企画賞を受賞。この試みの一環として、地下採石場や美術館など特殊な意味を持つ空間に着目した録音やパフォーマンスも行っている。2006年、サキソフォネッツは江川良子、林田祐和、鈴木広志、東涼太の4人のサキソフォン奏者を迎え入れ、5音音階作品を収録した『ペンタトニカ』(07)をリリース。同年、NHK教育テレビの番組シリーズ「マテマティカ2」ではテーマ曲のほか全編の音楽を演奏。これらの作品を携えた演奏活動も精力的に重ねており、日本はもとよりモスクワ、キューバ、香港での公演も大成功を収める。清水は自作品のみならずプロデューサー、作曲家、編曲家としての活動範囲も多岐に渡り、映画やマルチメディア作品の音楽も手掛ける。近年ではドキュメンタリー映画『キューティー&ボクサー』(13年)が第86回米アカデミー賞にノミネートされた。

*詳細は公式サイトをチェック!

[ 音楽 現代音楽・音響・実験音楽 初台・代々木上原・下北沢 ]
東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル
日程終了
エリア 初台・代々木上原・下北沢
住所 東京都新宿区西新宿3-20-2
アクセス 京王新線「初台駅」より徒歩3分
電話番号 03-5353-0788
会場ホームページ http://www.operacity.jp/
日程 2015年5月24日
時間 14:00
料金 S:¥6,500 A:¥5,500 B:¥4,500

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする