Event Card

美術館を手玉にとった男

RT Picks

時には神父に扮し、“慈善活動”と称して100点以上もの贋作を無償で寄贈し続けたミシシッピー州の天才的贋作画家マーク・ランディス。FBIも捜査に乗り出した「贋作事件」の記事をニューヨークタイムズ誌で目にし、強い興味を持った監督のサム・カルマンとMOMA勤務経験のあるジェニファー・グラウスマンは、ランディスへのコンタクトに成功し、電話インタビューを軸に、ランディスの正体と贋作制作の謎に迫る。それにしても制作現場までも悪びれずに贋作の技術を披露してくれるこの画家は何者か? 何のために作り続けるのか? そのうち”オリジナル”とは何なのかという疑問にぶちあたる。まさか私たち、騙されてはいないよね…?

By 福嶋真砂代 November 20, 2015

イベント概要
(C)Purple Parrot Films

全米20州、46の美術館を、30年間騙し続けた稀代の贋作画家は、贋作の全てを無償で寄贈していた!謎の男マーク・ランディスを追ったドキュメンタリー映画。

映画『美術館を手玉にとった男』は、15年11月よりユーロスペースほか全国順次ロードショー!全米20州、46の美術館を、30年間騙し続けた稀代の贋作画家は、贋作の全てを無償で寄贈していた!謎の男マーク・ランディスを追ったドキュメンタリーです。

監督: サム・カルマン、ジェニファー・グラウスマン
共同監督: マーク・ベッカー
キャスト: マーク・ランディス、マシュー・レイニンガー、アーロン・コーワン、ジョン・ギャッパー他

上映時間: 89分
配給: トレノバ

2015年11月21日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー

ユーロスペース
日程終了
エリア 渋谷
住所 東京都渋谷区円山町1-5
アクセス JR「渋谷駅」ハチ公口より徒歩10分
電話番号 03-3461-0211
会場ホームページ http://www.eurospace.co.jp/
日程 2015年11月21日~終了日未定

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする