Event Card

SePT独舞vol.22

黒沢美香ソロダンス特集〜30年前のデビュー作と最新作の三本立て〜「この島でうまれたひと」my name is,

振付・演出:黒沢美香

イベント概要

昭和初期生まれの舞踊家の両親の踊り方がある。そのこだわりやコツが身につくよう矯正されたが、その背景に石井漠の存在がある。名前の美香は石井漠に頂く。選ぶより先にダンスに囲まれ、伸びたのは反動だ。昭和40年頃までは洋舞と呼ばれていた。日舞に対しての洋舞なのかと思う。洋舞時代は子供だったので叩かれ続けているうちに現代舞踊やモダンダンスと呼び方が変わっていった。“モダン”な“ダンス”とはなんと素敵な呼び方で、自分がやっているのはソレ。知らない人が多くても“モダン”な“ダンス”を誇らしく思い、誰ともちがうことに惹かれた。パフォーマンス、実験演劇、暗黒舞踏、フルクサス、ジョン・ケージの突起に狂喜し、得体の知れない力に引きずられ、このタイミングでポストモダンダンスとミニマルダンスで覚醒する。 “モダン”な“ダンス”の上に“ポスト”がつくのだから、これ以上の尖りはない。それからわたしはずっとミニマル信者で、ミニマル運動加担犯と自覚し歩んでいます。
─黒沢美香─

「Wave」(1985年初演 草月ホール)
これから新たにダンスをやっていく上で「Wave」を私の宣言にしよう。
その意味でこれがデビュー作と言えます。
前に出て後ろに下がってを何回も繰り返す、そういう踊りです。

出演:黒沢美香

「6:30 AM 」─第二のバリエーションより─2015 ver.
(初演 1985年 俳優座)
ラジオの国民的体操をモチーフとした作品。
人気の演目となったが、Waveとは表裏をなす関係。
今回、30年前の超絶技巧ダンスを選り尖ったダンサーが引き出す。

出演:赤木はるか 小野彩加 北村思綺 中間アヤカ 藤井彩加
助演:大崎晃伸
リハーサルアシスタント:平松み紀

「この島でうまれたひと」(初演)
日も夜も濃灼にがんじがらめになる季節に
もはやこの眼で視ねばならぬ島
空のみち 傾く海
つつましきにつぽん

出演:黒沢美香
音楽:ベラ・バルトーク

(公式サイトより)
*詳細は公式サイトをチェック!

世田谷パブリックシアター
日程終了
エリア その他23区内
住所 東京都世田谷区太子堂4-1-1 [ 地図を表示
アクセス 東急田園都市線(営団地下鉄半蔵門線、東武伊勢崎線乗入)三軒茶屋駅より地下通路にて直結。
電話番号 03-5432-1526
会場ホームページ http://setagaya-pt.jp/
日程 2015年8月28日~2015年8月30日
時間 8月28日(金) 19:30|29日(土) 15:00・19:30|30日(日) 15:00 ※開場は開演の30分前

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする