Event Card

シュツットガルト・バレエ

イベント概要
Stuttgart Ballet

振付家ジョン・クランコによって創設されたドラマティック・バレエの名門、シュツットガルト・バレエ団が3年ぶり10度目の来日を果たします。

言葉のないダンスという表現で長編文学のあらすじを流暢に語り、登場人物の性格や心理を鮮やかに描いてみせる天才、ジョン・クランコ。彼とシュツットガルト・バレエ団は“シュツットガルトの奇跡”と称えられる伝説的な躍進劇をもって、世界の名門バレエ団の仲間入りを果たしました。クランコの死後もその創造の遺志はバレエ団の伝統となって受け継がれ、バレエ界で独自の地位を築いています。

今回上演される「ロミオとジュリエット」と「オネーギン」は、いずれも人類の財産ともいえる著名な文学をもとにクランコが創作した傑作。日本でもこれまでたびたび全幕、あるいは抜粋が上演され、バレエ・ファンからは絶対的な感動を約束してくれる作品として信頼を寄せられています。また、クランコの小品から現代作品までをとりまぜて上演する一夜限りのガラ〈シュツットガルトの奇跡〉も、カンパニーのいまを見せる貴重な機会となるはずです。

シュツットガルト・バレエ団はクランコによる創設時から現在まで、世界中から優秀なダンサーを集める多国籍の集団ですが、彼らのいずれもが「演じること」を強く志向することで一致しています。美しく役者魂あふれるアーティストたちによるドラマで、心がふるえるような感動を体験してください!


ドラマティック・バレエの伝統を生み出した、20世紀屈指の天才振付家

1961年、英国ロイヤル・バレエ団の若き振付家だったジョン・クランコは、シュツットガルト・バレエ団の芸術監督として招かれました。英国で機智に富んだ多彩な作品が人気を博し、レビューも手掛けて大きな成功を収めていた気鋭振付家クランコは、新天地でオーディションによって広く優秀なダンサーを集め、彼らのために新作を精力的に創造しました。「ロミオとジュリエット」で若い恋人たちの物語をみずみずしく描く一方、「白鳥の湖」では古典に新しい解釈を加えて発表。そしてプーシキンの文学をもとにした傑作「オネーギン」を生み出したあと、今度はシェイクスピアの喜劇「じゃじゃ馬馴らし」を大胆なイマジネーションと雄弁な語彙で創作。登場人物の性格や心理、彼らの会話までをもみずみずしく表現するクランコの舞台は、大きな共感と感動をもたらしました。

1969年、シュツットガルト・バレエ団は当時ダンスの中心地と認められていたニューヨークで、初のツアーを3週間にわたって行い、その歴史的な成功は“シュツットガルトの奇跡”と称えられました。

また、つねに自由で創造的な気風に満ちていたシュツットガルトでは、若手振付家の育成のも設けられ、ジョン・ノイマイヤー、イリ・キリアン、ウィリアム・フォーサイスと、次世代の大物振付家たちが育っていきました。クランコの薫陶を受けた彼らは、やがて20世紀のバレエの新たな潮流を生み出していくことになるのです。

1973年、2度目のニューヨーク公演から帰還の途中、クランコは45歳という若さで亡くなり、その早過ぎる死は世界中に大きな衝撃を与えました。しかし残された者たちの結束は固く、クランコが築いた伝統は信念をもって受け継がれることになったのです。 (NBS)

『ロミオとジュリエット』
ジュリエット/ロミオ
11/13
アリシア・アマトリアン/フリーデマン・フォーゲル
11/14
アンナ・オサチェンコ/ジェイソン・レイリー
11/15
エリサ・バデネス/ダニエル・カマルゴ


ガラ公演『シュツットガルトの奇跡』
11/18
【第1部】
『ボリショイに捧ぐ』
振付:ジョン・クランコ 
音楽:アレクサンドル・グラズノフ 
アリシア・アマトリアン、コンスタンティン・アレン*

『Ssss..』よりソロ
振付:エドワード・クルグ 
音楽:フレデリック・ショパン
衣裳・装置:トーマス・ミカ
照明:エドワード・クルグ
パブロ・フォン・シュテルネンフェルス
ピアノ: アラステア・バナーマン

『リトル・モンスターズ』
振付:デミス・ヴォルピ 
音楽:エルヴィス・プレスリー
衣裳:カタリーナ・シュリップ
エリサ・バデネス、ダニエル・カマルゴ

『In 2』
振付:ファビオ・アドリジオ 
音楽:フィリップ・グラス
ミリアム・カセロヴァ、ロマン・ノヴィツキー*
ピアノ : カテリーネ・シュミット

『心室』
振付:イツィク・ガリリ 
音楽:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
衣裳・照明:イツィク・ガリリ
フリーデマン・フォーゲル、ジェイソン・レイリー
ピアノ: アリーナ・ゴドゥノフ

『バイト』
振付:カタジェナ・コジルスカ 
音楽:ガブリエル・プロコフィエフ
アンナ・オサチェンコ、コンスタンティン・アレン


【第2部】
『イニシャルR.B.M.E』第3楽章
振付:ジョン・クランコ 
音楽:ヨハネス・ブラームス
装置・衣裳:ユルゲン・ローゼ
アリシア・アマトリアン、フリーデマン・フォーゲル
エリザ・ギサルベルティ, アレクザンダー・マッゴーワン,
エレナ・ブシュエヴァ, ジェイムズ・フィッシャー
アヤラ・イトゥリオス・リコ, タイトス・ジャンセン,
アヌーク・ファン・デル・ヴァイデ, マテオ・クロッカード=ヴィラ
ジョアナ・ロマネイロ, マルティ・フェルナンデス・パシャ,
フリア・ベルグア・オレロ, ファビオ・アドリジオ
ピアノ: マリア・キオショーヴァ

『モペイ』
振付:マルコ・ゲッケ 
音楽:カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ
衣裳:マーク・ザッポーネ 
照明デザイン:ウド・ハバーラント
ロバート・ロビンソン*

『ファンファーレLX』
振付・美術:ダグラス・リー
音楽:マイケル・ナイマン
アンナ・オサチェンコ、ジェイソン・レイリー

『魅惑』
振付:デミス・ヴォルピ 
音楽:ニーナ・シモン
ヒョ・ジョン・カン

『じゃじゃ馬馴らし』よりパ・ド・ドゥ
振付:ジョン・クランコ (シェイクスピアの原作に基づく)
音楽:ドメニコ・スカルラッティ 
編曲:クルト・ハインツ・シュトルツェ
装置・衣裳:エリザベス・ダルトン
エリサ・バデネス、ダニエル・カマルゴ


【第3部】
『伝説』
振付:ジョン・クランコ 
振付:ヘンリク・ヴィエニャフスキ
アリシア・アマトリアン、フリーデマン・フォーゲル

『同じ大きさ?』
振付:ロマン・ノヴィツキー 
音楽:ハズマット・モディーン
マテオ・クロッカード=ヴィラ、ルイス・シュティンス、
アレクザンダー・マッゴーワン

『ホルベアの時代より』
振付:ジョン・クランコ 
音楽:エドヴァルド・グリーグ
ミリアム・カセロヴァ、コンスタンティン・アレン

『モノ・リサ』
振付:イツィク・ガリリ
音楽コンセプト・作曲:トーマス・ヘフス、イツィク・ガリリ
装置:イツィク・ガリリ
衣裳:ナターシャ・ランセン
照明デザイン: イツィク・ガリリ
ヒョ・ジョン・カン、ジェイソン・レイリー

『ドン・キホーテ』よりパ・ド・ドゥ
振付:マキシミリアーノ・グエラ 
音楽:ルトヴィク・ミンクス
装置・衣裳:ラモン・B. イヴァルス
照明デザイン:オッリ=ペッカ・コイヴネン
エリサ・バデネス、ダニエル・カマルゴ

指揮:ジェームズ・タグル、ヴォルフガング・ハインツ  
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
『Ssss..』よりソロ、『In2』『心室』はピアノ演奏、『リトル・モンスターズ』『バイト』『魅惑』『同じ大きさ?』『モノ・リサ』は特別録音による音源を使用します。


『オネーギン』
オネーギン/タチヤーナ
11/21
フリーデマン・フォーゲル/アリシア・アマトリアン
11/22
ロマン・ノヴィツキー/ヒョ・ジョン・カン
11/23
ジェイソン・レイリー/アンナ・オサチェンコ

東京文化会館 大ホール
日程終了
エリア 上野・谷中
住所 東京都台東区上野公園5-45
アクセス 「上野駅」公園口より徒歩1分
電話番号 03-3828-2111
日程 2015年11月13日~2015年11月23日

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする