Event Card

マジカル・ガール

RT Picks

ペドロ・アルモドバルも絶賛のスペインの新鋭監督、カルロス・ベルムトの劇場長編デビュー作。日本のアニメ「魔法少女ユキコ」に憧れる少女アリシアは白血病で余命半年、失業中の父は愛娘の願いを叶えるためにある密かな行動を起こす。すると謎の女性バルバラに出会い、運命が妙な方向に回り出す…。懐かしの長山洋子や美輪明宏の楽曲の起用など、イラストレーターで漫画家出身の異色監督は日本文化に造詣が深い。光と影の鮮明なコントラスト、ミニマルでクールな映像の裏には闘牛士のパッションがメラメラと。「脅迫」がもたらす人間関係の縺れに遊ぶ不思議なストーリー展開、意図的に残された謎に翻弄されながら、怒涛の結末に息を呑む。

By 福嶋真砂代 March 11, 2016

イベント概要
Una produccion de Aqui y Alli Films, Espana. Todos los derechos reservados (C)

白血病で余命わずかな少女アリシアは、日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。彼女の願いはコスチュームを着て踊ること。娘の願いをかなえるため、失業中の父ルイスは、高額なコスチュームを手に入れることを決意する。この彼の行為が、心に闇を抱える女性バルバラと、訳ありの元教師ダミアンを巻き込んでいく。出会うはずのなかった彼らの運命は予想もしない悲劇的な結末へ…。

「魔法少女ユキコ」のコスチュームをきっかけに、何気なく出会い、人生が予期せぬ方向へと大きく動き出す登場人物たち。かけ違ったボタンのように狂い出した運命の歯車は、誰にも止められない。少女たちのマジカルな瞳に魅入られた男たちは、愛のために罪を犯し、無垢な心を持った女たちは、愛のために残酷な裁きを下す。愛と欲望、善意と悪意、理性と衝動、悦びと苦しみ―悲劇のパズルのピースが埋まっていくように、観る者を闇の世界へと誘ってくれる。

監督と脚本を務めるのは、本作が劇場デビューとなるスペインの新星カルロス・ベルムト。イラストレーター、漫画家としてキャリアをスタートさせ映画の世界へ。自主製作で完成させたデビュー作“Diamond Flash”は、スペイン国内でオンライン配給され、2週間にわたって最も多く視聴された映画となるだけでなく、批評家からも絶賛され、映画雑誌“Caiman”が選ぶ2012年のスペイン映画第1位を獲得し、一気に注目を集める存在となる。

そして、本作『マジカル・ガール』は、2014年サン・セバスチャン国際映画祭のコンペティション部門に出品された。公式上映されるや、そのブラックユーモアに包まれた独創的なストーリー、全く先読みできない巧みな構成、スタイリッシュな映像、そして想像を絶するラストに、観客は唸り、批評家たちは舌を巻いた。映画祭を『マジカル・ガール』一色に染め、見事グランプリと監督賞をダブル受賞する快挙を成し遂げた。同映画祭において、グランプリと監督賞を同時に受賞したのは1997年のクロード・シャブロル監督の『最後の賭け』以来17年ぶりの出来事であった。また、巨匠ペドロ・アルモドバル監督は、「宝石のような映画『マジカル・ガール』。私はこの映画を猛烈に愛する」と大絶賛を贈った。

監督・脚本: カルロス・ベルムト
キャスト: バルバラ・レニー、ルシア・ポシャン、ホセ・サクリスタンほか

上映時間: 127分
配給: ビターズ・エンド

2016年3月12日(土)より、ヒューマントラスト有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー

[ 映画 ドラマ 有楽町・日比谷 ]
ヒューマントラストシネマ有楽町
日程終了
エリア 有楽町・日比谷
住所 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア・イトシアプラザ4F [ 地図を表示
アクセス JR山手線「有楽町駅」中央口より徒歩1分。東京メトロ有楽町線「有楽町駅」D7-b出口より徒歩1分。地下鉄銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座駅」C-9出口より徒歩2分。
電話番号 03-3283-9660
会場ホームページ http://www.ttcg.jp/human_yurakucho/
日程 2016年3月12日~終了日未定

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする