Event Card

光りの墓

RT Picks

”眠り病”にかかった兵士たちが隔離され、光と色の治療を受ける仮説病院。患者のイットの世話をするジェン。また超能力を持つ女性ケンもいる。その場所にはかつて王様の墓があったというが、奇病との関係は…? ニュース記事からヒントを得たというアピチャッポン・ウィーラセタクン監督が強い影響を受けた土地、タイ東北部のイサーンを舞台に、記憶、夢、眠り、前世、魂の交信と興味深いモチーフを織り交ぜて描き出す。常連キャストに加えて現地のアマチュア俳優も起用、さらにメキシコの撮影監督ディエゴ・ガルシアとの初コラボで映像の旨味が倍増している。神秘的に色が変化する光の治療シーン、観ているうちにじわじわと変化が…。

By 福嶋真砂代 March 22, 2016

イベント概要
(C)Kick The Machine Films / Illuminations Films (Past Lives) / Anna Sanders Films / Geißendörfer Film-und Fernsehproduktion /Match Factory Productions / Astro Shaw (2015)

『ブンミおじさんの森』でカンヌ映画祭最高賞パルムドールに輝いたタイの天才アピチャッポン・ウィーラセタクン。ティム・バートンやスコセッシをも魅了する世界最先端の映画監督で、同時に、国際的な美術作家。その待望の最新作『光りの墓』は、映像、サウンド、色彩設計、あらゆる面において、天才の進化を感じさせる大傑作。タイの社会状況を透徹しながら、語り口はあくまでもユーモアと優しさに溢れています。

タイ東北部。かつて学校だった病院。“眠り病”の男たちがベッドで眠っている。病院を訪れた女性ジェンは、面会者のいない“眠り病”の青年の世話を見はじめ、眠る男たちの魂と交信する特殊な力を持つ若い女性ケンと知り合う。そして、病院のある場所が、はるか昔に王様の墓だったと知り、眠り病に関係があると気づく。青年はやがて目を覚ますが……。あなたは眠っていたいですか、それとも目を開きますか?

撮影が行われたのは監督の故郷である、タイ東北部イサーン地方。そこでは今も、空や水や雲にも霊が宿り、人々はスピリチュアルな空気の中で生きている。映画では、その土地の記憶とジェンという一人の女性の愛の記憶が幾層にも重なっていく。そして、驚くほどに深い感動が待つラスト! 天才監督アピチャッポン史上最高の傑作の誕生です。

監督: アピチャッポン・ウィーラセタクン
キャスト: ジェンジラー・ポンパット・ワイドナー、ジャリンパッタラー・ルアンラム、バンロップ・ロームノーイほか

上映時間: 122分
配給: ムヴィオラ

2016年3月26日(土)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開

[ 映画 ドラマ 渋谷 ]
シアター・イメージフォーラム
日程終了
エリア 渋谷
住所 東京都渋谷区渋谷2-10-2 
アクセス 「渋谷駅」東口から宮益坂を上り、青山通りへ。50m程先の横断歩道を渡り、薬局とコーヒー店の間を入りすぐ。
電話番号 03-5766-0114
会場ホームページ http://www.imageforum.co.jp/theatre/
日程 2016年3月26日~終了日未定

RT寄稿家コメント(0)

コメントを書く ※RT寄稿家のみコメントできます。

email password

次回から自動的にログインする

読者コメント(0)

コメントを書く 
※コメントを書くには、MyPageユーザー登録が必要です。また、ニックネーム未登録のMyPageユーザーはマイページ設定からご登録下さい。

email password

次回から自動的にログインする