HOME > REVIEWS >
> 岩城京子

岩城京子

Written by |2018.7.11

演劇研究者。二〇〇一年から日欧現代演劇を専門とするジャーナリストとして活動したのち、二〇一一年よりアカデミズムに転向。ロンドン大学ゴールドスミスで博士号(演劇学)を修め、同校にて教鞭を執る。専門は日欧近現代演劇史及び、哲学、パフォーマンス学、ポストコロニアル理論、批判理論などに広がる演劇応用理論。単著に『日本演劇現在形』(フィルムアート社)等。共著に『Fukushima and Arts – Negotiating Nuclear Disaster』(Routledge)、『A History of Japanese Theatre』(ケンブリッジ大学出版)など。二〇一五年よりScene/Asiaチーフ・ディレクター。二〇一七年に博士号取得後、アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成を得て、ニューヨーク市立大学大学院シーガルセンター客員研究員に。二〇一八年四月より早稲田大学文学学術院特別研究員(PD)。

 

WRITER PROFILE

西山裕子 Yuko Nishiyama

ページトップへ