HOME > REVIEWS > SCREENING
> 『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』
フレデリック・ワイズマン監督 2018.10.20-
SCREENING

『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』
フレデリック・ワイズマン監督 2018.10.20-

Written by 福嶋真砂代|2018.10.23

© 2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

 

「町が、世界が、ここに凝縮されて呼吸する」

フレデリック・ワイズマン監督が撮るニューヨーク、クィーンズのジャクソンハイツ地区。167もの言語が話される移民の町だ。グロッサリーストアにはカラフルな食材が並び、様々な国の音楽があふれ、様々な宗教の礼拝がある。カメラが向けられるのは、様々な場所の様々な活動。LGBTの悩みを分かち合う会、クイーンズプライド、グリーンカード取得支援、優雅なマダムたちの井戸端会議。議員事務所の女性スタッフの電話応対があるかと思えば、再開発に対抗する市民活動もある。行政や政治活動にも目を配る。町の呼吸の音が聴こえてくる。「この地域は、19世紀の終わりのニューヨーク市ローワーイーストサイドを連想させる“真のアメリカ”というべき『人種のるつぼ』なんだ」とジャクソンハイツを撮るモチベーションをワイズマンが明かしている。ここに世界が凝縮され、この多様性にこそ、アメリカの生命力の源があると感じる。

© 2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

 

不法滞在者もいる。砂漠で一時行方不明になった娘の恐怖を母親が熱弁する圧巻のシーン。それを静かに聞く人々も危険を冒して来たのだろう。ワイズマンは、あるがまま、よけいな判断をはさむことなく映す。すべての事象は等価だと言わんばかりだ。9週間の撮影による膨大な素材を10ヶ月かけて編集されたシークエンスの数々。189分間の映画が終わるころ、きっとジャクソンハイツに住みたくなるだろう。

© 2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

 

1967年、精神異常犯罪者のための医療刑務所を撮ったデビュー作『チチカット・フォーリーズ』を発表して以来、精力的に映画を作り続けてきた、今年88歳のワイズマン監督。本作で40作目になる。事前調査はほとんど行わず、テーマも決めずに嗅覚の赴くままにカメラを向ける。ナレーションやテロップ、音楽(同録による音楽はある)もない。ワイズマン(監督と録音)、カメラマンのジョン・デイヴィーまたはウィリアム・ブレイン、そして助手。この3人の撮影スタイルは変わらない。2011年来日時のインタビューでは演劇への思いが印象的だった。舞台の演出も手がける(また母親の影響もある)ワイズマン映画の隠れた要素として、「演劇」というキーワードがある。ジャクソンハイツの街角で唐突に祈りを求める女性のシーンも見事な即興演劇のようだ(もちろん、偶然の出来事だが)。「映画づくりは本当に面白い作業。生活のための仕事をするよりずっとね。1回1回がアドベンチャーで興味が尽きることはありません。」ウィットに富んだ語り口にも魅了された。

© 2015 Moulins Films LLC All Rights Reserved

 

・ジャクソンハイツとは?

ニューヨーク市クイーンズ区の北西に位置し、人口は13.2万人。100年程前に、マンハッタンへ通勤する中産階級向けに宅地開発されたが、60年代後半から各国の移民が住むようになった。現在は住民の約半数が海外で生まれ、アメリカにやってきた移民という、ニューヨークで最も多様性に富んだ町。しかし近年ブルックリン、マンハッタンの地価上昇により、地下鉄で中心部へ30分という便利さから、人気を集め再開発が進行中。

・フレデリック・ワイズマン監督インタビュー(2011)by 松丸亜希子 / 福嶋真砂代
http://archive.realtokyo.co.jp/docs/ja/column/interview/bn/interview_052/

INFORMATION

『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』

監督・録音・編集・製作:フレデリック・ワイズマン
2018年10月20日 シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

WRITER PROFILE

Masayo Fukushima 福嶋真砂代
福嶋真砂代 Masayo Fukushima

旧Realtokyoでは2005年より映画レビューやインタビュー記事を寄稿。1998~2008年『ほぼ日刊イトイ新聞』にて『ご近所のOLさんは、先端に腰掛けていた。』などのコラムを執筆。2009年には黒沢清、諏訪敦彦、三木聡監督を招いたトークイベント「映画のミクロ、マクロ、ミライ」MCを務めた。航空会社、IT研究所、宇宙業界を放浪した後ライターに。現在「めぐりあいJAXA」チームメンバーでもある。

関連タグ

ページトップへ